ドイ・ステープ寺院 (8)

タイ語

2019/1/9(水)

今日は娘とドイ・ステープ寺院に行く。

朝早く、まだ暗いうちに宿を発ち、チェンマイ大学に行く。チェンマイ大学正門近くに、ドイ・ステープ寺院に直接行くソンテウ乗り場があるからだ。

着いたのは朝の7時、長椅子が用意されている。係りのおじさんに促され、座って出発を待つことにする。すぐに人が集まり出発した。


タイ語、英語、中国語の看板がある


片道40バーツだ。


登り坂を上っていく。とてもじゃないが歩いてなどいけない。


途中若い僧侶の集団が托鉢しているところを多く目にする。中学生くらいだろうか。

娘に我が家の大乗仏教とタイ国の上座部仏教の違いを説明する。どちらが良いのか?の質問を受ける。

お釈迦様の教えに近いのは、原始仏教である、上座部仏教だ。

しかし世俗の中で仏教を信仰し、お釈迦様の教えを実践する我々大乗仏教徒の方が遥かに大変だ。つまり我々の方が上だと言っておいた。

もちろん彼らタイ人の上座部仏教が下であるはずがない。大切なのはその後、世俗の世界に戻った時に、お釈迦様の教えを実践できるかどうかだ。


この坂道を走ってくるなんて、自転車の人もいる、信じられない。

長い階段がある。ここを登るのにも息が切れてしまう。49歳という歳を感じてしまう。

入場券を買い、靴を脱いで入ると、朝日に輝く黄金の仏塔が待っていた。


朝日に照らされて眩しい。


記念撮影

しばらく、美しい仏塔を観ていた。黄金色がこれほど美しいと思ったことはなかった。十分見学したので帰ることにした。

展望台からチェンマイの街が一望できると聞いていたが、残念ながら雲海で見ることができなかった。さて今度は下りだ。


階段を下りるのも大変だ。膝が笑ってしまう。

お寺を出たところで、ソンテウが待っていた。帰りも40バーツだ。

チェンマイの街に着き、時計を見るとそろそろ12時だったので、先日行ったお粥専門店に行ってお粥を食べた。今回は日本風のお粥にした。美味しい。

時間もあることだし、コーヒーショップに行ってコーヒーを飲むことにした。

กาแฟ (コーヒー)
ガフェー

กาแฟร้อน (ホットコーヒー)
ガフェーローン

กาแฟเย็น (アイスコーヒー)
ガフェーイェン

ชาฝรั่ง (紅茶)
チャ―ファラン

ขอ กาแฟเย็นและกาแฟร้อน ครับ.
コー ガフェーイェン レ 
ガフェーローン クラップ

(アイスコーヒーとホットコーヒーを下さい。)

 

 

 

 

 

 

コメント