リタイア後のロールモデル

リタイヤ

私のお気に入りのブログに

「きりんの自由研究」

というブログがある。

とても面白く読ませていただいている。

このブログの影響を受けて一昨年はタイ・カンボジア旅行を思い立ったほどだ。

しばらく更新されていなかったが、今回「早期リタイア後のロールモデル」という、とても興味深い内容で更新された。

リタイヤ後の生き方にはロールモデルが存在しない。

リタイヤ前は「効率」というキーワードを基に人生を送れば問題なかった。

しかし、リタイヤ後はこの「効率」が意味をなさない世界で生きていかなければならない。

リタイヤ前のルールと違う世界で生きなければならないのだ。

この新しい世界にはルールはない。自分でルールを決めなければならない。

それは小さい時に遊びのルールを仲間と決めたのに似ている。

このブログでは早期リタイヤ後の生き方のいくつかのパターンがあげられている。

没頭できる遊びを追求し続ける人

静かな生活を追求する人

ノブレス・オブリージュ型の人

信仰を追求する人

快楽の追求をする人

興味の無限探求をする人

放浪を続ける人

私が目指すとすれば、世界を放浪する人だろうか。

周りの目を気にしてしまう私には「うるせーバカ、俺はお前たちとは違うゲームをやってんだよ」と家族や世間に向けて言い放つ勇気がない。

家族や世間の目の届かない地で、自由気ままに生活するのが一番だと思うのだ。

 

コメント