逆境の法則(特別寄稿)

2001/9/11のアメリカ同時多発テロ事件を受けて、日本株は急落した。そのことについて、秘密の小部屋さんが株高クラブに寄稿された記事だ。

<引用ここから>

今回の一連の出来事と株式市場の急落については、私は、ああまたか、という気分でしたが、 若い方々(だと思われる)が、じつにビビッドに反応されているのを拝見させていただき、 日本の未来に対する希望に喜び感じると共に、 〇〇先生と同じように、自らの感性の衰えに、昔鳥1羽、昔の空を飛んでいるようなさみしさもありますが、 しかし若い方々の心の優しさには、心底感動を覚えています。

願わくは、そのあふれんばかりの感受性、世間の常識というヤスリにすり減らされない勇気を持ち続けていただけたらと。

余計なことは今回限りにして、また連載に集中しますので、 最後に一言、昔の土にうずもれる前に、古来から伝えられてきた有名な逆境の法則、 知らない方もいられると思いますので、書かせていただきます。

1)逆境は必ず来る

2)逆境の後には、順境が必ず来る

1、2、あまりに当然のこととお笑いになると思いますが、このことをしっかりと腹に据えることが、すべての始まりになります。

3)あなたが、こうなれば逆境から抜け出せるのだが、と思っていることが仮に実現しても、逆境からは抜け出せない

4)逆境から抜け出すには、予想外の突然にやってくるものが必要である

今回の出来事が、相場にとって予想外の突然にやってきたもの、であるならいいのですが。

5)逆境を乗り越えるには、自分にとっての最悪の事態を想像し、その事態を引き受ける覚悟を持つことつまり、ひらきなおれ、ということです。

すると、

6)あなたの引き受けた最悪の事態までは決していかずに、かなり上のところで事態は反転する

あなたの覚悟が本物であるならば、これは間違いなく真実です。

7)その逆境から、あなたが何らかの教訓を得たとするなら、少なくとも心理的にはもはや逆境 からは抜け出している

人は、失敗から何かを学び、哀しみによって何かを育み、失うことによって成熟していくものです。

以上愚かなたわごと、何かの力づけにでもなればと。

必要なのは勇気です、勇気のみが人を分けるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク