バラナシ到着(10)

2019/2/24(日)

時計を見ると早朝4:15、どこかの駅で止まっているようだ、まだ眠い。

次に起きたのが6:45、またどこかの駅で停車しているようだ。辺りが明るいくなっているので、カメラを持ってベットを降りる。

インドの朝は美しい。

ベットに戻り、再び横になる。

動き出したので動画を撮影する。地平線が見える。山に囲まれた群馬県民にとって、海同様、地平線にも憧れる。

ベットではスマホを弄っていた。やはり無制限SIMを買っておいてよかった。

10時ころになり下車する人も増えてきた。それに伴い、みな中段ベットを畳みだした。私もベットを畳み、下段の人とベット(座席)に座る。

下段の人と話をした。彼らは家族で乗っているらしく、バラナシよりもさらに先に行くという。上の彼女も降りてきた。彼女は今回インドは初めてだそうだ。宿は同じバラナシサンタナを予約してあるそうなので、バラナシ駅で一緒にモーターリキシャで宿に向かうことにした。

さて、列車は14:40頃バラナシに着いた。列車を降り、駅を出て、安いモーターリキシャを探す。100ルピアで行くのを見つけ、迷路の入り口まで行ってもらう。

約30分くらい乗って、モーターサイクルを降り、歩いてバラナシサンタナに向かう。グーグルマップに目的地を設定して歩くも、迷ってしまう。

途中牛によく出くわす。この牛、誰かの所有物ではないようだ、いわば野良、野良牛だ。

やっとバラナシサンタナに到着し、チェックインをする。

コルカタサンタナとは違ってここは空いている。女性は一緒に来た彼女だけだそうだ。

さて、列車のことを聞いてみると、今の時期は混んでいるようで、予約のチケットはすべて売り切れてしまっていて、当日売り出すチケットを買うしかないそうだ。 コルカタに帰えるチケットがとれるかわからないといわれる。

困った!コルカタに帰れないのでは、バンコク行きの飛行機に乗れない。

カジュラホーに行くどころではなくなってしまった。コルカタに帰えることを一番に考えなければ・・・。

とりあえず、3日後の2/27(水)のチケットをネットで買ってもらうようお願いする。

さて、これ以上心配してもしょうがない、部屋でゆっくりする。今回は個室をお願いした。1泊400ルピアだ。

いよいよこの旅の目的地の一つ、ガンジス川に行く。迷わないようにグーグルマップで現在地を確認しながら歩く。

それにしても人が多い。

夕方のガンジス川

この後宿に戻り、宿で日本食を食べ、寝た。昨晩はあまり眠れなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク