海外旅行

リタイヤしてからも継続して旅を楽しむには、「テーマ」と「コンセプト」が必要とのこと。

「テーマ」とは「企画の前提、主題」である。

「コンセプト」は、「テーマをどんな方向性で進めていくのかという指針、 はじめから終わりまでの一貫した考え方」 と言える。

私は海外旅行によく行く。

過去の旅を分析してみたところ、年代によって「テーマ」と「コンセプト」が変わり続けているようだ。

20代前半、世界中を放浪していた時の旅のテーマは「刺激(エロ)」、コンセプトは「世界のディープな場所の探求」だった。

ちょっと危険と思わるところにも、そこに刺激(エロ)があれば果敢に行っていた。グァテマラのプエルトバリオス、エルサルバドルのアカフトラ、コロンビアのメデジン、ペルーのカジャオ、チリのバルパライソ、ブラジルのサントス、リオデジャネイロなどだ。

30代の頃の旅のテーマは「スキューバ・ダイビング」、コンセプトは「一週間前後で行ける東南アジアの海」だった。

結婚し、子供ができ、20代のころのように自由に放浪の旅に出られないので、会社の休みをフルに活用して近場のフィリピンやタイにダイビングに行っていた。

40代の旅のテーマは、「多くない貯蓄と年金の範囲内で楽しく生活できる国を捜す」というのが旅のテーマと言えそうだ。

コンセプトは「ちょっと刺激的な物価の安いアジアの旅」、イメージとしては旅行作家の下川裕治氏の書かれる本のような「貧乏旅行」だ。

50代前半の旅のテーマは、「お金のかからない物価の安い国を旅する」というのが旅のテーマとなりそうだ。コンセプトは「現地の言葉で旅をする」。

50代後半、会社をリタイヤした後は「物価の安い国で楽しく暮らす」というのが旅のテーマになるだろう。コンセプトは「メリハリのあるお金の使い方」。好きなことや必要なことにお金を使い、無駄な出費はできるだけ控え、予め決めた予算内で生活する。

会社をリタイヤしても、働きたくなったらいつでも日本に帰って働けるよう、常に身軽にしておきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク