相場物語

相場物語

相場物語 (10)

<引用ここから> 相場物語 (10) それでは、最も効率がよいと思われる「心を使う」とは、株式投資においてはどんなことを意味するのでしょうか? 勿論、様々なことが考えられると思います。 ただその時、私が考えたのは、自ら...
相場物語

相場物語(9)

相場物語(8)はプリントアウトしていないので、相場物語9から綴ります。 <引用ここから> * 相場物語(9) (困りました、たいした答えではありません、ごめんなさい。ただ、私を担当した証券マンは皆、気持ちのよい青年ばか...
相場物語

相場物語 (7)

<引用ここから> * 相場物語(7) ここで株式投資が実業の世界とはまったく異なったルールで動く影の世界であり、それゆえにこそ正確な先行指標(通常3つの季節分、現実を先取りします)になりうる理由について、少し説明してみたいと思...
相場物語

相場物語(6)

「相場物語3~5」はプリントアウトしていないので、「相場物語6」から続けます。 (3~5は相場と関係のない内容だったためプリントアウトしなかったか、もしくは初めからなかったのかもしれません。) <引用ここから> ...
相場物語

相場物語(2)

<引用ここから> * 相場物語(2) N・ドレマンという人が、どのような経歴を持つのか、私は知りません。 しかしその冊子の片隅で、彼は「時流に乗るな」と道を示してくれていたのです。 以下、彼の言葉、 「市場と調和して一緒...
相場物語

相場物語スタート

今回から秘密の小部屋さんの「相場物語」の連載を始める。 <引用ここから> * 相場物語(1) 株式投資を始めた当初、私も例にもれず証券会社の回転商いの渦の中に投げこまれ、連日 電話がかかってきては証券マンの言われるままに...